温泉泉質入門書

「硫黄泉」と、その他の泉質

硫黄泉

硫黄が多く含まれている温泉です。硫黄型と硫化水素型に分類され、硫化水素型は含まれている硫化水素によりあのタマゴが腐ったような独特な臭いを発します。
硫化水素型は毛細血管を拡張する作用があるため、全身の血行促進が期待できます。それによって代謝が促進され、便秘の解消やデトックス効果を期待できます。また保湿効果もあり、美肌効果もあるため「美人の湯」と呼ばれることもあります。風邪などで咳が出るとき、入浴中にガスを吸入すると痰の切れが良くなります。
ただし、金属類がお湯に触れてしまうと(湯気も同様です)腐食して黒く変色してしまうので、アクセサリー類は極力持ち込まないようにしてください。また、効果が高い分湯あたりしやすい温泉なのでお気をつけください。
温泉地の例:小涌谷、万座、登別、日光湯元、雲仙

その他の泉質

・炭酸水素泉
泉水内の陰イオンの主成分が炭酸水素のものです。浴用で末梢循環障害や皮膚乾燥症、飲用で潰瘍などの胃腸の疾患や糖尿病などに効果があります。
・硫酸塩泉
陰イオンの主成分が硫酸イオンのものです。浴用の効果は炭酸水素泉とほとんど同じです。飲用で胆道系機能障害、や高コレステロール血症などに効果があります。
・二酸化炭素泉
泉水1kg中に二酸化炭素が1g以上含まれている温泉です。入ると身体に炭酸の泡が付いて爽快感があるのが特徴です。飲用すると炭酸水のようなのど越しを楽しめます。浴用で冷え性や自律神経不安定症、飲用で胃腸機能低下に効果があります。
・放射能泉
泉水に一定以上のラドンが含まれているものです。人体に有害だと思われがちですが、レントゲンなどで使用する放射線量より遥かに少ない量であり、ごく微量の放射能はむしろ身体に良い影響があるということが実証されています。